パソコンの基礎知識とフリーソフトを使ったマルチメディア編集を
初心者さん向けに解説しているホームページです。
ActiveXコントロールについて
パソコンで遊ぼう!
HOMEサイトマップ
基礎用語 初級編 音楽編集 動画編集 画像編集 着うた作成 ストリーム保存 DVDコピー/作成 フリーソフト
HOME > 動画編集 > DVD音声抽出 プチ拡張子辞典パソコン用語集
一昔前ならライブ盤と呼ばれる音源だけの作品が多数リリースされていましたが、DVDが普及してからはライブは映像としてリリースされるのが主流になり、音源だけのライブ盤というのはめっきり少なくなりました。また、音楽作品としてはリリースされていない映画やドラマの挿入曲などを音源で保存したり、ポータブルMP3プレイヤーなどで持ち歩きたい場合もあります。そんな時、リリースされているDVDから音声だけを抽出すれば自分だけのオリジナルのライブ盤やサントラ盤が作れます。このページでは、DVDから音声を抽出する方法を紹介します。
■DVD Decrypterで抽出
XMPEGでの抽出方法もこのあとに掲載していますが、DVD Decrypterの方が動作は安定していると思います。また、チャプタごと(DVDのタイトルメニューごと)に分割して保存できるので便利です。
DVDメディアからダイレクトに音声ファイルだけを抽出できます。ダウンロードは本体+日本語化パッチともに日本語化工房様でダウンロードできます。
★DVD Decrypter 3.5.4.0のダウンロードページはこちら!
3.5.4.0というところをダウンロードしてください。
★日本語化パッチのダウンロードページはこちら!
3.5.4.0 インストーラ版というところからダウンロードしてください。解凍したフォルダの中のddec3540inst_jp.exeをダブルクリックすればDVD Decrypter本体が日本語化されます。

@DVD Decrypterを起動したらモードのIFO Iを選択してください。


A次にツールの各種設定を選択してください。


B各種設定ウィンドウのIFOモードタブを開きます。チェックを入れる箇所は以下の通りです。
メインムービーPGCを選択
ストリーム処理を有効
あいまいなCellを非チェック
VOB PUOを除去
M2タイムコード(00:00:00:00)をバッチ
ファイル分割の窓はChapterごとを選択してください。最後にOKでこのウィンドウを閉じます。


C本体のストリーム処理を開いてください。ストリーム処理有効にチェック、0xA0-Audio-LPCM/2ch/Jpa...にチェック、0xA0-Audio-LPCM/2ch/Jpa..と表示されている部分をクリックして反転させてからStream:0xA0-Audioの分離にチェックを入れます。出力先のフォルダアイコンをクリックして保存場所の指定と保存ファイル名の入力します。最後にDVD>ディスクの画像をクリックすると抽出を開始します。


保存した音声ファイルにフェードなどの処理をする場合はSound Engineなどの音声編集ソフトで編集してください。音楽編集の章に詳しく掲載しておりますので参照してください。

▲PageTop
■XMPEGで抽出
DVDメディアからダイレクトに音声ファイルだけを抽出できるソフトウェアです。インストーラは日本語ですので次へで進んでいけばインストールが完了します。
★ダウンロードサイトはこちら!
XMPEG52Beta2.zip (1.85MB)Downloadというとこからダウンロードしてください。

■音声抽出
@素材となるDVDをドライブにセットしておきます。

AXMPEGを起動してください。初めて起動する時は少し時間がかかりますし、赤い待ちの文字が点滅するのでエラーかなと驚きますが、正常ですので起動するまで待ってください。ウィザードが本体手前に起動しますが、今回は音声抽出だけなのでキャンセルで閉じてください。どこでも構わないので本体の上で右クリック、Open DVD rootを選択するとDVDを読みにいきます。


BDVDを認識するともうひとつウィンドウが表示されますので、正常に認識したことがわかります。本体のどこでも構わないので右クリック、Otionsを選択してください。


COptionsのウィンドウでAudioの設定をします。初期設定のままですとwavは48KHzで保存されるのでSound Engineや午後のこ〜だなどでは不明ファイルとなり扱えません。44.1KHzで設定しておけば無難かと思います。あと、Filesのタブを開くと保存先の設定ができます。設定が済んだらSaveしてこのウィンドウはOKで閉じてください。


D右クリックでExtract Audio toを選択すると、サブメニューからファイル形式を選べます。XMPEGではDVDから抽出した音声ファイルはひとつのファイルとして保存されます。そのままではあまりにも大きいファイルで扱いにくいですし、後で曲やシーンごとに分割してフェードをかけたりしたいので、私の場合は一番使い慣れている編集ソフトSound Engineで扱えるwav形式で保存しています。使用目的や編集方法は個人差があるので、ご自分の扱いやすいファイル形式で保存すればいいと思います。


※ちなみにMP2も即抽出開始します。MP2で抽出していないので保存結果は確認していません。MP3だけはLameの設定が開きます。min:128kbpsくらいにしておけばCD並の音源で保存出来ると思います。保存した音声ファイルはSound EngineやMP3用の編集ソフトで分割やフェードの処理をすると扱いやすくなると思います。音楽編集の章に詳しく掲載しておりますので参照してください。

余談・・・
このソフトウェア、ちょっと癖がありそうなので動作しない場合は諦めた方がいいかもしれません。私の場合は、何が原因かわかりませんが、連続して使っているとDVD読み込み時にエラーで強制終了することがあります。ディスクドライブから一旦メディアを取り出して、再度セットして起動すると正常動作してくれます。

▲PageTop
■お約束
ストリーム配信を保存したファイルや、著作権のあるDVDから抜き出した音声、動画ファイルなど、著作物から自作したものは、個人で楽しむためのものです。 売買、譲渡、交換、配布、WEB配信、上映等の行為は法律で禁じられています。著作権を侵害しないように注意してください。

▲PageTop

HOME基礎用語初級編音楽編集動画編集画像編集着うた作成ストリーム保存DVDコピー/作成サイトマップ
フリーソフトプチ拡張子辞典パソコン用語集

Copyright (C) YUKI All Rights Reserved.