パソコンの基礎知識とフリーソフトを使ったマルチメディア編集を
初心者さん向けに解説しているホームページです。
ActiveXコントロールについて
パソコンで遊ぼう!
HOMEサイトマップ
基礎用語 初級編 音楽編集 動画編集 画像編集 着うた作成 ストリーム保存 DVDコピー/作成 フリーソフト
HOME > DVDコピー/作成 > 複数のファイルを1枚にコピー プチ拡張子辞典パソコン用語集
CDの限定版などを購入するとオマケでPVやインタビュー映像のDVDが付いてきたり、映画の初回限定盤にロケ風景やCM集が収録されたDVDがオマケで付いてくるときがありますよね。1枚に収めるには短いようなDVD-Videoを1枚の書き込み用ディスクに寄せ集めて焼く方法を紹介します。
■リッピング
リッピングはDVD Shrinkを使います。ISOイメージ作成、ファイルのバックアップ、IFOの自動作成、VOBから好きなシーンだけ取り出すことができる機能などフリーとは思えない優れもののソフトウェアです。
DVD Shrink(日本語)
DVDディスクをパソコンに保存したり(DVDのコピーができるということ。)、片面2層のDVDディスクを書き込み用ディスクに保存可能なファイルサイズに圧縮して保存することができます。
★ダウンロードサイトはこちら!

ディスクを開くでDVDディスクの入ったドライブを選択します。(またはファイルを開くでリッピング済みのVIDEO_TSフォルダを開きます。)分析が始まるので完了するまで待ちます。


@分析が完了したら、再編集ボタンをクリックします。
ADVDブラウザのタブを開きます。
B使う映像が入っているタイトルを右側の枠内から左側のDVD再編集の枠内へドラックアンドドロップします。
Cタイトルを選択して、矢印が相対しているようなアイコンをクリックします。


開始/終了フレームの設定ウィンドウが開くので、開始部分と終了部分を設定します。下のスクリーンショットでは、ちょうどフェードインとフィードアウトのところを選択しているので映像がありませんが、ちゃんと映像を見ながら設定できます。設定するバーの動きが繊細なので、ちょっと雑に動かすとピョンと大幅に動いてしまいますが、そ〜っとちょこちょこ1〜2ミリずつ動かすと上手く設定できます。最後に三角のボタンで微調整してください。設定できたらOKボタンでメイン画面に戻ります。


メイン画面に戻ったらプレビューウィンドウで再生して結果を確認することができます。始点、終点を微調整したいときは、このままもう一度矢印のアイコンをクリックして開始/終了フレームの設定ウィンドウに戻り、三角ひとつのボタンで微調整してください。もうひとつ確認するのが、ファイルサイズです。切り出ししているので、うっかり長いシーンを切り出すと1GBを越えてしまいます。1ファイルは必ず1GB以下になるように切り出してください。


更に同じDVDディスクから他の場所も切り出したいときは、もう一度このままタイトルをドラックアンドドロップして前述と同じように開始/終了フレームの設定をしてください。


切り出しの設定が全て完了したらバックアップします。
@バックアップボタンをクリックします。
A出力先デバイスの選択はハードディスクフォルダを選択します。
B保存場所を指定します。
DOKボタンを押すとリッピングを開始します。


エンコード中のウィンドウに変わるので完了するまで待ちます。


完了するとバックアップの完了のダイアログが表示されます。


★ここまでの作業をDVDディスクを入れ替えながら保存したい分だけ繰り返します。

【1】 リッピングが完了するとIFOファイルとBUPファイルとVOBファイルの3種類のファイルが作成されています。IFOファイルとBUPファイルは必要ないので都度削除してください。
【2】 VOBファイルは任意の場所にVIDEO_TSフォルダを作成してその中に移動してください。ファイル名はVTS_01_1.VOB VTS_01_2.VOBVTS_01_3.VOB・・・といった具合に名前の変更で最後の数字を連番に書き換えて保存してください。
※上の連番が再生順になりますので、変更したい場合は後でIFOファイルを作成する前に書き換えてください。

複数のDVDディスクから1枚に収めたい分だけ(4.7GB以下)リッピングが完了したらVIDEO_TSフォルダ内を確認してください。ちゃんと連番になっていないとIFOファイルを作成するときに途中までしか読み取りません。


▲PageTop
■IFOファイルの作成
IFOファイルの作成にはIfoEditを使用します。
IfoEdit
IFOファイルの新規作成や、IFOファイルの編集、解析することができます。DVD編集を手がけるなら是非このソフトウェアはインストールしておきましょう。
★ダウンロードサイトはこちら!(バージョン0.971のページです。)
ページを下までスクロールすると以下のようなダウンロードボタンがあるので、YESにチェック、I agreeをクリックすればダウンロードを開始します。任意の場所に解凍して使用できます。

★日本語化パッチはこちらのサイト様で!
IfoEdit v0.971用 rev2をダウンロードしてください。解凍フォルダにあるIfoEdit0971J_r2.exeをIfoEdit.exeと同じフォルダに移してダブルクリックすれば日本語化完了です。

IfoEditの下の方にあるメニューからIFOの作成をクリックします。


新規IFOファイル作成ウィンドウが表示されます。
@〜Bは以下の設定にしてください。
Cで前述でひとつのフォルダに連番にして保存したVOBファイルの先頭のファイルを開きます。先頭を開けば連番の全ファイルを読み込むようになっています。
D最後に決定をクリックします。


処理中はProcessing source VOB_01.x.VOB[xx%]というウィンドウで進行状況が表示されますので最後のファイルまで読み込んで処理が完了するまで待ちます。


処理が完了すると、VOBファイルしかなかったフォルダにBUPファイルとIFOファイルが2つずつ増えています。


このVIDEO_TSフォルダをDVD Shrinkのファイルを開くで開くことが出来ればこのままでISOイメージファイルを作成してもいいのですが、開けないことが結構な頻度であります。そこで、次に紹介するツールを使って再編集することでDVD Shrinkで開ける確率がグッが上がります。

▲PageTop
■Vob Blankerをスルーさせる
前述までの処理でDVD ShrinkでVIDEO_TSフォルダを難なく開けた場合はここの処理は省略してもいいです。
★ここの処理を省略して場合は次のステップへ進む
Vob Blanker
VOBを編集するツールです。ルートメニューを残しながら不要な予告映像や特典映像を削除することができるソフトウェアです。また、DVD ShrinkでVIDEO_TSフォルダを開けない場合、このソフトウェアをスルーさせることで開くことができる場合があります。大変重宝するソフトウェアです。
★ダウンロードサイトはこちら!
ダウンロードしたzipファイルは任意の場所に解凍して使用できます。
★日本語化パッチはこちらのサイト様で!
Vob Blanker本体と同じバージョンの日本語化パッチをダウンロードします。解凍したフォルダの中にあるVobBlanker2110JP_r1.EXEというファイルをVobBlanker.exeがあるフォルダと同じフォルダに移動してダブルクリックすれば日本語化されます。

@前述のIfoEditで作成したファイルが保存されているVIDEO_TSフォルダのVIDEO_TS.IFOファイルを開きます。
A予め@とは別のVIDEO_TSフォルダを作成して、このフォルダを指定します。
B実行をクリックします。
C出力が開始されるので完了するまで待ちます。


元のVIDEO_TSフォルダには5個のVOBファイルがありましたが、Vob Blankerで再編集して1GBごとに結合されたため、2個のVOBファイルにまとまりました。


IfoEditで作成したままでは開けなかったVIDEO_TSフォルダですが、Vob Blankerをスルーさせて別途保存したVIDEO_TSフォルダは開くことができました。


【トラブルシューティング】
前述のVob BlankerをスルーさせてDVD ShrinkでVIDEO_TSフォルダを開くことが出来た場合は、ここの処理は省略することができます。★ここの処理を省略して場合は次のステップへ進む

構造の異なる複数のDVD-Videoからリッピングしたファイルをタイトル1とした場合、Vob BlankerをスルーさせてもDVD Shrinkで開けないことがあります。この場合は面倒ですが、同じDVD-Videoからリッピングしたものだけをひとつのタイトルとし、DVD-Videoごとに複数のタイトルを作成します。

例として「ABCのすべて」「DEFのひみつ」という2つのDVD-Videoがあったとします。このふたつはフレームレートや音声に使用されている形式が異なっていたとします。この2つのDVD-Videoから切り出したVOBファイルを同じタイトルにすると、どちらかは正常に再生されるかもしれませんが、片方は再生に不具合が生じます。

■具体的にはどんな処理をするか
以下は前述のVOB Blankerをスルーさせるところまでの処理を終えている「ABCのすべて」をリッピングしたVIDEO_TSフォルダです。これをタイトル1にしようと思います。


以下は前述のVOB Blankerをスルーさせるところまでの処理を終えている「DEFのひみつ」をリッピングしたVIDEO_TSフォルダです。これをタイトル2にしようと思います。


2つのタイトルができましたね。タイトルが揃ったら、DVD Shrinkで編集します。

ファイルを開くタイトル1にしたいVIDEO_TSフォルダを開きます。


開いたら再編集ボタンをクリックして右枠内のタイトル1を左枠内へドラックアンドドロップします。


次に右枠内のフォルダアイコン横枠内をプルダウンしてタイトル2にしたいVIDEO_TSフォルダを開きます。右枠内の表示は前回と同じタイトル1になっていますが、左枠内にドラックアンドドロップするとタイトル1(2)となり、保存すればちゃんとタイトル2になります。


すべてのタイトル(4.3GB以下くらいにしておいた方がいいと思います。)を左枠内へドラックアンドドロップしたらバックアップボタンをクリックします。出力先デバイスの選択はハードディスクフォルダにします。DVDファイルの出力先フォルダは予めVIDEO_TSフォルダを作成し、それを指定してください。ちなみに私はA、B、C、D・・・というフォルダを作成し、更にその中にVIDEO_TSフォルダを作成するようにしています。


処理中は以下のように進行状況が表示されます。


バックアップの完了が表示されたら処理は完了しています。OKでこのウィンドウを閉じてください。


保存したフォルダ内をみると、タイトル1に相当するVTS_01と、タイトル2に相当するVTS_02がちゃんと出来上がっています。


ISOイメージファイルを作成する前に正常に再生できるか確認しましょう。GOM Playerを起動したら本体の上で右クリックするとメニューが出ます。開く>>ファイルでVIDEO_TS.IFOファイルを開けばDVDディスクで再生するときと同じようにメニューから字幕を選んで再生できます。


▲PageTop
■ISOイメージファイルの作成
完成したVIDEO_TSフォルダをファイルを開くで開きます。ファイルのバックアップを選択するとDVDのバックアップというウィンドウが開くので、ISOイメージファイルを選択し、保存場所を指定してOKすれば保存を開始します。


完了すれば保存先にISOの拡張子を持つファイルが出来ています。

▲PageTop
■ISOイメージファイルを再生
ここで保存したISOイメージファイルをチェックしたいですよね。ISOイメージファイルは通常そのままでは再生できませんが、Daemon ToolというソフトウェアにISOイメージファイルをマウントすることで再生可能になります。

【Daemon Toolについて】
Daemon Toolの最近のバージョンにはアドウェアが同梱されているようです。バージョン3.4×辺りなら大丈夫だと思うのですが、古いバージョンなのでネット上から消えていっているのが現状です。ちょっと探してみたところhttp://www.chinaemu.org/emu/html/58/soft_212.html このサイトでまだバージョン3.41が落とせるようです。网通下載(CNC Download)というところからDaemon_Tools_3.41.msiの実行ファイルが落とせます。msiはexeと同じWindows標準の実行ファイルなので、ダブルクリックすればインストールできます。すべてNextで進めばOKです。日本語化パッチはhttp://www.chiyoclone.net/details.html#DAEMON_Tools_jp こちらのサイト様で配布されています。同じバージョンのdaemon341_jp.lzhをダウンロードしてください。解凍したらexeファイルを実行します。実行したらDaemon Toolを起動します。タスクバーのDaemon Toolの上で右クリックしてオプションから日本語を選択すれば日本語化完了です。


右クリックメニューで仮想CD/DVD-ROMを選んで右に出るメニューでデバイス0を選択します。


更に左にメニューが出るのでイメージをマウントを選択します。


新しいイメージファイルを指定してくださいというウィンドウが開くので、ここで保存したISOイメージファイルを選択します。このウィンドウが出てきてくれない場合は、はじめに戻ってアマウントしてからやり直してみてください。


ISOイメージファイルを選択すると、DVDディスクから再生するときと同じようにどのソフトウェアで再生するか選択するウィンドウが開くので、ソフトウェアを選択します。これで、DVDディスクから再生するときと同じように再生することができます。


▲PageTop
■ライティング -焼きです-
ここからは1層を1枚に焼くときと同じ手順でDVD Decrypterを使います。
DVD Decrypter 3.540(日本語化パッチ有)
DVDディスクをパソコンに保存したり(DVDのコピーができるということ。)、DVDディスクから直接音声ファイルを取り出すことができます。また、ライティング機能も備えています。
★DVD Decrypter 3.540 ダウンロードサイトはこちら!
★DVD Decryter 日本語化パッチ ダウンロードサイトはこちら!3.540をインストールしてください。
DVD Decrypter 3.540の日本語化の方法

元のディスクを取り出して書き込み用のディスクを挿入します。
@モード(M)でISOを選択し、書き込みをクリックします。
A読み込んだISOファイルを開きます。
B出力先は空のディスクを挿入すれば自動でドライブを選択してくれます。選択されない場合はディスクが空でないとか、破損している可能性があります。
Cマシンパワーに問題なければ書き込み速度はMAXで良いと思います。度々焼きに失敗することがあるようなら速度を落としてみてください。焼きの失敗はディスクの相性もあります。他のメーカーのものを使ってみると解決することもあります。また、ドライブの汚れも考えられますのでクリーニングなどしてみるのもいいでしょう。
D書き込みボタンをクリックすると書き込みを開始します。読み込みのときと同じように進行状況のウィンドウに変わるので完了するまで待ちます。


最後に出来上がったDVDディスクをパソコンやポータブルDVDプレイヤーなどで再生してみて、ちゃんと焼けているか確認してください。

▲PageTop
■お約束
ストリーム配信を保存したファイルや、著作権のあるDVDから抜き出した音声、動画ファイルなど、著作物から自作したものは、個人で楽しむためのものです。 売買、譲渡、交換、配布、WEB配信、上映等の行為は法律で禁じられています。著作権を侵害しないように注意してください。

▲PageTop

HOME基礎用語初級編音楽編集動画編集画像編集着うた作成ストリーム保存DVDコピー/作成サイトマップ
フリーソフトプチ拡張子辞典パソコン用語集

Copyright (C) YUKI All Rights Reserved.